1044円 自転車アクセサリー MINOURA(ミノウラ) BH-100S ボトルケージホルダー 22-29mm シルバー スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用アクセサリー ボトルケージ yamaguchi-denki-service.com,ボトルケージホルダー,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , 自転車用アクセサリー , ボトルケージ,自転車アクセサリー,MINOURA(ミノウラ),/monaster1770499.html,BH-100S,シルバー,22-29mm,1044円 自転車アクセサリー MINOURA ついに入荷 ミノウラ BH-100S シルバー ボトルケージホルダー 22-29mm 1044円 自転車アクセサリー MINOURA(ミノウラ) BH-100S ボトルケージホルダー 22-29mm シルバー スポーツ・アウトドア 自転車・サイクリング 自転車用アクセサリー ボトルケージ yamaguchi-denki-service.com,ボトルケージホルダー,スポーツ・アウトドア , 自転車・サイクリング , 自転車用アクセサリー , ボトルケージ,自転車アクセサリー,MINOURA(ミノウラ),/monaster1770499.html,BH-100S,シルバー,22-29mm,1044円 自転車アクセサリー MINOURA ついに入荷 ミノウラ BH-100S シルバー ボトルケージホルダー 22-29mm

自転車アクセサリー 通信販売 MINOURA ついに入荷 ミノウラ BH-100S シルバー ボトルケージホルダー 22-29mm

自転車アクセサリー MINOURA(ミノウラ) BH-100S ボトルケージホルダー 22-29mm シルバー

1044円

自転車アクセサリー MINOURA(ミノウラ) BH-100S ボトルケージホルダー 22-29mm シルバー



※納期表示のご説明
仕様/規格
●材質:アルミ/ステンレス
●クランプ対応径22~29mm
●重量:79g
●ロゴ印刷色:赤
カラー
シルバー
商品説明
●ワンタッチで取り付け・取り外しができるボトルケージホルダ。予備のボトルをハンドルバーやシートポスト上に1つ装着できるホルダです。新開発のクイッククランプにより、ワンタッチで取り付け・取り外しができますので、遠出をするときなど必要なときにだけ簡単に予備ボトルを装備することができます。
●BH-100にはクランプ対応径の違いで2種類あります。BH-100-Sは、直径22~29mmに対応する小さい方のクランプを装備したモデルです。
●ホルダ内部にはギア歯機構が設けてあり、12度ごとに装着角度を変えることができます。これにより、例えばライザーバーの傾斜部でも垂直に近くボトルをセットすることができます。またボトルを取り出しやすいよう、意図的に傾斜を付けることもできます。ホルダは錆びないステンレス製。クランプ本体もアルミ製として錆対策しています。ボトルケージ取り付け用ボルト2本付き。
●工具なしでもフレキシブルに対応するユニバーサルタイプ
関連ワード
●自転車 パーツ カスタマイズ カスタムパーツ スーパーセール スーパーSALE
ジャンル識別情報:/g1041/g202/g314/m381/

自転車アクセサリー MINOURA(ミノウラ) BH-100S ボトルケージホルダー 22-29mm シルバー

糸魚川ヒスイと稀少石のお店「猫車(nekoguruma)」by Jewellery Studio Ijeluna

 

ポケモンGOも特に新しく登場するレイドボスもいなくてね、たまたまタイミング良くレイドが始まったので無料のレイドチケットでルギアと戦ったんですが、めっちゃ硬くて時間が掛かった。

 

で、結果的に倒してルギアを捕獲したんだけど個体値マックスの100%だったんだけどルギアは高個体値の通常色と色違いの2匹カンストしているので困ったなぁ・・・って特に誰かに伝える必要のない事を呟いてみたんですが、じわじわと嬉しい気持ちが出てきて次の次の次の次の次くらいに相棒にしようかなぁ~って感じで気が付けば微笑んでいます。

 

ちゅ~ような感じで、9月、ドゥユゥリメンバ~なセプテンバ~となり、めっちゃ気温が低下、涼しい、や、何だか肌寒いくらいなのは天候のせい、うん、外は雨、ずっと雨が続いているからである。

 

いかに夜の都心を散歩するのが好きなあたしでも雨が降っている中、ハンターとかエーグルとかのレインブーツを履いてまで散歩する気はない、や、ちゅ~か、ハンターとかエーグルとか関係なくレインブーツなんて洒落た感じでもないゴム長靴さえも持っていない。

 

あたしは何気に気に入ったものを長く愛用するタイプなので洋服も靴も香水も腕時計も基本的に同じブランドのものを使い続けているのであるが、もう何十年も変化がない、ずっと同じブランドのものばかりで自分自身に時代を感じたので現代的な感じへの変化、チャレンジを試みようかと思っている。

 

その第一歩として最近、日常的に使っている香水を変えてみたのであるが、どうも何か違和感がある、や、もしかしたら違和感はないのかもしれぬが、何となく今の季節な感じがしない、これは冬、もっと寒い時期の方がいいんじゃないかって思っているのであるが、エレベーター内に残っている香水の香り的には悪くない、悪くはないんだけど何か違う・・・ってなっている。

 

人は誰しも挑戦したり変化したりしながら頃合いになったら何となく決まったマイルールであったり、趣味嗜好であったり、いい感じに落ち着いてあまり不必要な変化を受け入れない、ある意味で保守的な感じになるんじゃないかと思うのであるが、これには世代であったり、交友関係であったり、世間の中での立場みたいな感じ?

 

そういうポジション的な役割に基づいた部分もあるんじゃないかって思うのであるが、実際のところは分からないし、そういう事をあんまり考える機会もないので何でこんな事を書いているのか逆に不思議なくらいである、マジで謎だ。

 

ちゅ~ような感じで最近は何となくYOASOBIとかヨルシカとかまるりとりゅうがとかの音楽を聴いている訳であるが、どんなアーティストなのか姿を見た事もなければ曲以外の事を何にも知らない。

 

ちゅ~か、ランダムに再生して聴いているから曲の区別さえつかないっていうか、もうそもそも何ていう曲名なのかも分かってないし、今、聴いている曲がYOASOBIなのかヨルシカなのかまるりとりゅうがなのかさえも分かっていないから全てが謎に包まれている感じで謎が謎を呼んでいる有り様であるのだが、そもそも何故に聴いてみようと思ったのかさえも分からないので完全にこの話しも詰んでいる。

 

あれ?

 

そのそも何の話しをしていたんだったっけ?

 

ま、いいけど。

 

 

グロッシュラーガーネット(グロッシュラーライトガーネット)

 

今回のブログで紹介するのは「グロッシュラーガーネット」の中でも特徴的な紫外線照射によるピンク系の蛍光色が見られる通称「ミントグロッシュラーガーネット」となります。

 

まず「グロッシュラーガーネット:Grossular Garnet」は「グロッシュラーライトガーネット:Gurossularite Ganet」とも呼ばれる事があり、これは単純に英語読みとドイツ語読みの違いで同じ宝石名となります。

 

ガーネットは含有する成分や成分比によって様々な色やタイプの宝石に細分化されるガーネットグループのひとつのタイプになり、この「グロッシュラーガーネット」という鉱物名&宝石名となる中にも透明な無色系~黄色系~褐色系~緑色系といった豊富なカラーバリエーションが存在する上、半透明となる「ハイドログロッシュラーライト」という亜種も存在する為、ここでは説明し切れませんが、もし詳しく知りたい方は過去のブログを読むと書いているかもしれないです。(記憶が曖昧・・・)

 

で、この「グロッシュラーガーネット」の中でも正式な固有の宝石名を持ったタイプとしては濃く鮮やかな緑色をした「ツァボライト」が有名です。

 

「ツァボライト」がグロッシュラーガーネットの中でも特別に固有の正式な宝石名を持っているのは、ガーネットという宝石の中では透明緑色をしたタイプのものは少なく、さらにガーネットは鉱物としてモース硬度や劈開といった強度面での不安が少ない事や美しく鮮やかな色合いや光沢感を持っている事などから宝石としては「デマントイドガーネット(デマントイドガーネットは同じガーネットでも成分が違う事からグロッシュラーガーネットではありません)」と並んでグリーンガーネットの代表的な宝石種として珍重されて取り扱われています。

 

今回のブログで紹介するのは比較的、近年になり新しく産出(市場に流通する程度の産出量)するようになった紫外線を照射すると鮮やかなピンク系の蛍光色が見られるグロッシュラーガーネットの一種で正式な宝石名はグロッシュラーガーネットのままですが、見た目の色合いがミントのような淡いグリーン系なので「ミントグリーンガーネット」や「ミントガーネット」といった通称で呼ばれたり、その特徴的な蛍光性から「UVカラーチェンジガーネット」の通称で呼ばれたりする事があります。

 

 

 

主にタンザニアやマダガスカルといった産地が有名ですが、その多くは大きくても1ct 程度の大きさで大粒サイズのルースは非常に少ない宝石種になっています。

 

ちなみに同じグリーン系の色合いをしたグロッシュラーライトのひとつであるツァボライトとの違いは見た目の色と蛍光性ですが、ツァボライトはクロムを起因とした濃い緑色になり、このミント系の淡いグリーンのグロッシュラーガーネットはクロムではなくパナジウムが色の起因とされています。

 

ツァボライトの代表的な産地はケニアですが、タンザニアやマダガスカルからも産出するので地域的というか地質的にというか良質なグリーン系のガーネットが産出し易い環境なんだと思います。

 

ま、ちゅ~か、マダガスカル産のガーネットではベキリーブルーガーネットの通称で呼ばれる稀少なカラーチェンジガーネットが産出した有名なベキリー鉱山がありましたし、タンザニア産のガーネットには今回のミントグリーンのグロッシュラーガーネット、それにガーネットとは違いますが有名な宝石であるタンザナイトが産出したメレラニ鉱山があり、いろいろな良質な宝石が産出する事で普通に注目されている地域なんですけどね。

 

 

 

このタイプのガーネットとしては大粒な3ct アップのルースとなり、産地特性と鉱物的な特性でインクルージョンとして針状包有物と液膜包有物が見られます。

 

このタイプのグロッシュラーガーネットは見た目の色合いと蛍光性が特徴ですが、色合いについてはパナジウムが起因と考えられており、蛍光性についてはクロムが起因と考えられています。

 

淡い色合いをしたガーネットとしてはイエロー系やオレンジ系、ピンク系、グリーン系の色合いをしたものなんかも見られるようになりましたが、透明石で淡い色合いをしたタイプは比較的に珍しいものとなり、淡い色合いをしたガーネットの多くは半透明石となります。

 

ガーネットはカラーバリエーションやタイプバリエーションが豊富な宝石になり、比較的にリーズナブルなタイプのものからハイエンドな憧れ的なタイプのものまで様々な選択肢があるからガーネットだけをコレクションしている愛好家さんや蒐集家さんも多い魅力的な宝石のひとつになりますね。

 

前述のように鉱物的にモース硬度や劈開といった強度面でも不安なくジュエリー等の装飾品としても楽しめるので好みの色合いや大きさ、カット形式、スターやカラーチェンジといった光彩効果なんかを考えてペンダントやリング等に加工して身に着けられるのもポイントなのでお薦めです。

 

 

 

ミント系の色合いとピンク系の蛍光色が見られるグロッシュラーガーネットも基本的に通常のグロッシュラーガーネットと同じ宝石種なので基本的な情報は同じような感じですが一応、諸情報を記載しておきます。

 

【 グロッシュラーガーネット / Grossular Garnet 】

  • 鉱物名:天然ガーネット
  • 宝石名:グロッシュラーガーネット or グロッシュラーライトガーネット
  • 通称①:ミントガーネット、ミントグリーンガーネット等
  • 通称②:UVカラーチェンジガーネット
  • 特徴:淡いミントグリーン系の色合いとピンク系の強い蛍光性
  • 和名:灰礬柘榴石
  • 結晶系:等軸晶系
  • 産出形状:十二面体結晶、礫状、破片状等
  • カラー:緑黄色~黄緑色
  • 透明度:透明
  • 光沢:ガラス光沢
  • モース硬度:7程度
  • 劈開:なし(但し、裂開は一方向に明瞭)
  • 断口:亜貝殻状または不平坦状
  • 比重:3.64~3.68程度
  • 屈折率:1.732~1.744程度
  • 分散率:0.027程度
  • 偏光性:単屈折性
  • 多色性:認めず
  • 蛍光性:ピンク系の強い蛍光色
  • 分光性:クロムライン微弱
  • インクルージョン:針状包有物、液体包有物等
  • 産地:タンザニア、マダガスカル等

 

グロッシュラーガーネット自体は無色~黄色~黄金色~褐色~緑色系とカラーバリエーションがありますが、ここではミント系の色合いでピンク系の蛍光性を持ったタイプの紹介をしました。

 

 

 

ちゅ~ような感じで、ちょっとずつ猫車さんのオンラインショップの方にも新しく商品をアップしていこうと思っております。

 

ち~ゆ~。

 

 

ΦωΦ

 

 

ワクチン接種の2回目はどうだった?

ΘεΘ

 

筋肉注射なので腕は痛いな。

ΦωΦ

 

熱とかは出なかったの?

ΘεΘ

 

ちょ~何にも変化がなくて逆に残念です。

ΦωΦ

 

期待してたのにな。

ΘεΘ

 

まったくだよ。

ΦωΦ

 

今夜くらいに何か起きるかもよ。

ΘεΘ